black paisley web advertise.jpg

BLACK PAISLEY
​ブラック・ペイズリー

    Black Paisley_band 1.jpg
    Black Paisley_band 3.jpg
    Biography//

    EUROPE, MSGのサポートを務めた経験もあるメロディック・ロッカーの4thニュー・アルバム。

    元ELECTRIC BOYSのギタリスト、フランコ・サントニオーネ参加!

    ロックの本質を体現するスウェーデン発、BLACK PAISLEYの2年振りとなる4枚目のアルバムが完成した。

     

    2020年からはELECTRIC BOYSのフランコ・サントニオーネが新たなギタリストとして加入したことにより、メロディック性とグルーヴが強化される。

     

    カヴァー・バンドから本格的な音楽を目指し、2015年にバンド結成。バンド名はBON JOVIのギタリストであったリッチー・サンボラのフェンダー・シグネチャー・モデルから命名。信条でもあるキャッチーなメロディを表すにはこれが最善だったという。

     

    北欧では近年NWOCR(New Wave Of Classic Rock)を掲げたバンドが多く出現してきた。WHITESNAKE, SCORPIONS, THUNDERといった先人たちのサウンドをベースに、モダンなプロダクションとソングライト手法を取り入れるのが特徴と言われている。このBLACK PAISLEYもそれに属するバンドだ。

     

    デビュー・アルバム『Late Bloomer』 (2017)がリリースされると、クラシック・ロックとAORの素晴しき融合と評価される。1st シングル”Run Run Run”を筆頭に各収録曲がラジオでオンエアされると一気に注目株となり、”Run Run Run”はSpotifyにおいて100万回以上ストリーミングされた。

     

    そして、ELECTRIC BOYSのフランコを迎えてからの2作目(通算4作目)となるニュー・アルバムはキャッチーなメロディとロックの持つエネルギーとパッションを現代へと提示。アルバム・スタートからエンディングまで豊潤なメロディとロック・サウンドで埋め尽くされた。

     

    一部ミックスにはマイク・フレイザー(AC/DC, Bryan Adams, Aerosmith, Blue Murder, Chickenfoot, Metallica, Airbourne)が参加し、アルバムの高クオリティ化へと貢献している。

    Black Paisley_front cover 450px.jpg