CHAD SMITH'S
BOMBASTIC MEATBATS

 

チャド・スミスズ

ボンバスティック・ミートバッツ

  • Facebook アプリのアイコン
Biography//

 チャド・スミス…アメリカ、ミネソタ州、リッチフィールド出身。以前はデトロイトのTOBY REEDというバンドでプレイしていたが、1989年、ジャック・アイアンズの脱退に伴うオーディションに合格し、5代目のドラマーとしてRED HOT CHILI PEPPERSに加入。その直後にレコーディングされた『母乳』から、最新作の『アイム・ウィズ・ユー』まで、全てのアルバムでプレイし、その確かなテク とパワーで確固たる人気と実力を誇っている。その他、世界各国でドラム・クリニックを開催したり、元VAN HALENのサミー・ヘイガー、マイケル・アンソニー、バカテク・ギタリストとして知られるジョー・サトリアーニと結成したスーパー・バンド、 CHICKENFOOTでの活動や元DEEP PURPLEのグレン・ヒューズとのジョイントでも知られる。
 そのチャドが日頃親交のあるジェフ・コールマン(g/ex.EDWIN DARE, グレン・ヒューズやマイケル・シェンカーなどと競演)、エド・ロス(k/ex.IMPELLITERI, ラッパーのクーリオなどと競演)、ケヴィン・チョウン(b/ex.EDWIN DARE, ARTENSION, MAGNITUDE 9, トニー・マカパインなどと競演)に声をかけて結成したのが、このCHAD SMITH'S BOMBASTICK MEATBATS。デビュー・アルバム『Meet The Meatbats』(2009年9月)、2nd『More Meat』(2010年10月)と、彼らは現在までに2枚のスタジオ・アルバムをリリース。
 本作『ライヴ・ミート・アンド・ポテイトーズ』は、2009年にLAの有名老舗ライヴハウス、ベイクド・ポテトでの彼らのプレイを収録した初のライヴ・アルバム。ジェフ・コールマン曰く「メンバー間で自然発生する音の交わりや意思疎通こそが、このバンドが一番大切にしているものなんだ。こういったものは オーディエンスを前にしたライヴで捉えるのがベスト」と語っているとおり、高度なテクニックに裏打ちされたインタープレイ、臨機応変なコール・アンド・レスポンスなど、本作では彼らのポテンシャルが十二分に発揮された聴き所満載のアルバムに仕上がっている。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

Discography//
  • Facebook 黒のラウンド
  • Twitter の黒いラウンド
  • YouTubeの黒丸
  • Instagramの黒丸

© 2019 by Bickee Music   All Rights Reserved