SOULS OF TIDE

ソウルズ・オブ・タイド

  • Facebook アプリのアイコン
Discography//
Biography//

パワフルなプレイとエッジーなヴォーカルが独特のムードを醸し出す

ピュア・ハイ・エナジー・デビュー・アルバム!

グッド・フィールな70年代ロックを現代へと解き放つノルウェイからの6人組。

 「THE DOORS, 初期DEEP PURPLEやBLACK SABBATHがオレたちの教科書さ。THE HELLACOPTERSやHYPNOSなんかが好きなファンには聴いて欲しいね。」by ヴェガー・ラーセン (vo)

 

 新たな音楽性を求めて結成されたノルウェイからのピュア70’s ハード・ロック・バンド。単に70年代ロックを現代に甦らせただけでなく、THE DOORS, DEEP PURPLE, BLACK SABBATHを初めとするルーツ・ロックへの最大限の敬意を持ってプレイし、さらにアップデートさせた感覚も持ち合わせる6人組だ。

 2014年1月に本格的な活動をスタートさせ、セルフ・タイトルのEPを2014年8月にリリース。2015年10月からはノルウェイの森の中にあるスタジオへ入り、フルレングス・デビュー・アルバムへと向けたレコーディングへと突入、わずか一週間でレコーディングを完了させた。彼らは70年代のクラシック・ロック・バンドが現代に存在したとしたらどのようなサウンドを創り上げるのか?自問自答しながら作業に打ち込んでいったという。

 SOULS OF TIDEの6人のメンバーはロック、ポップ、サイケ、クラシック・ロック、メタルとそれぞれが異なるバックグラウンドを持っているため、様々な要素が絡み合い独自の音へと発展してきた。バンドが解き放つ音楽はキャッチーなコーラスとグルーヴ感あるグッド・フィールなロックが特徴的で、パワフルなプレイとエッジーなヴォーカルとハモンドの彩が独特のムードを醸し出す。

 「BLUES PILLSの成功がオレたちの道筋を明るく照らしてくれた!ノルウェイからノリがよくて、グッドフィールなロックを届けるときが遂に来たよ!ソリッドな70年代のルーツ・ロックを基本にした音楽さ。先行シングルは”She’s Dead”でビデオもリリースしている。“Join The Circus”はバンドを代表する曲に仕上がった。”Easy Love”はグルーヴ溢れるトラックだよ。バンドのメンバーはこれまでにメタル・バンド、TROLLFESTやWYRUZ, CRITERION, HONCHO, OPELといったバンドで活動してきた経歴を持っている。そしてメタルだけにとらわれずに大好きなロックのカテゴリーを追及し、共に自身の音楽を創り上げることを誓い合ったのさ。」

 

  • Facebook 黒のラウンド
  • Twitter の黒いラウンド
  • YouTubeの黒丸
  • Instagramの黒丸

© 2019 by Bickee Music   All Rights Reserved