THE LAST VEGAS

ザ・ラスト・ヴェガス

  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitterのアプリケーションアイコン
  • YouTube の古典的な
  • Instagram のアプリのアイコン
Biography//

 The Stooges, Black Sabbath, Cheap Trick, Aerosmith, Chicago Blues, MC5 に影響を受けた彼らは、アダムとネイトのアーリング兄弟とネイト・ターボ(b)によって結成される。メンバー・チェンジを重ねながらも2004年に『Lick ‘Em & Leave ‘Em』でデビュー。新たにチャド・チェリーをヴォーカルに迎えたバンドはしっかりとした方向性を見据え、2nd『Seal The Deal』(2006)を発表する。果敢なライヴ活動よって少しずつバンドが認知されていく中、ライヴを観たMotley Crue のニッキー・シックスがバンドに興味を持つ。そして彼がオーナーでもあるEleven Seven Musicとの契約を交わし、2009年に3rd『Whatever Gets You Off』を発売、ニッキーはプロデュースも担当する。その後、2ヶ月間Motley Crueのツアーに同行したバンドはさらなる実力を付けていく。「それは信じられないほどの素晴しい体験だったよ。何といってもマスター・オブ・ロックと一緒に仕事をさせてもらったからね」とシンガーのチャドは語る。

 そして、通算4枚目となるアルバム『Bad Decisions』をここに完成させた。プロデューサーにジョニー・K (Megadeth, Airbourne, Disturbed)を迎えた最新作はクラシックなアメリカン・ロック・サウンドが目一杯詰まった作風へと仕上がる。60年代から90年代にかけてのブルース、ロック、メタル、そして00年代のガレージ・ロックにも影響を受けた中に、彼ららしい独自のユニークなサウンドが織り込まれているのが認識できるだろう。Guns N’ Roses, Alice Cooper, Ace Frehley, Theory Of A Deadman, Steel Panther, AC/DC, Motley Crue, Joe Perry, Buckcherry等とのライヴを含む世界19ヶ国でツアーを重ねてきた生粋のライヴ・バンド、The Last Vegasに期待せずにはいられない。

 2014年には新作『Sweet Salvation』を発表している。

 

 

Discography//
  • Facebook 黒のラウンド
  • Twitter の黒いラウンド
  • YouTubeの黒丸
  • Instagramの黒丸

© 2019 by Bickee Music   All Rights Reserved